読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピカブロ

毎日の暮らしの中で、役に立ったことや忘れたくないこと。

個人事業主が名刺を作ったほうがいいただ1つの理由

f:id:eripicasso:20170123224355j:plain

名刺を持っていますか。

 

わたしは、2種類目を作ろうと思っています。

しかし屋号が確定していないのと、まだ税務署に申請していないため、思案中。

申請したらすぐに作ります、名刺を。

 

個人事業主をする方、白色および青色申告をする方。

名刺は持っていないよりも、持っていたほうがメリットが多いですよ。

 

お店で買い物をする機会も、そんなに多くないとは思います。

アマゾン、楽天がありますからね。

私は、リアル店舗でお買いものする機会はがくんと減りました。

 

しかしながら。

お買い物をする際。

領収証に宛名を書いてもらうとき。

名刺があると、領収証の発行が100倍速くなります。

脅しではありません。

 

人間のコミュニケーションで実にあいまいで信頼できないコミュニケーションこそ喋り、聞くコミュニケーション。

人間の会話は実にはかないものです。

 

断言します。

店頭で買い物をする際に領収証を発行してもらうとき、名刺があると実に楽です。名刺がないと、領収証の発行に実に時間がかかります。

人間ですから、少しでもかっこよくしようと、自分の事業名(屋号)にアルファベットを入れたるするでしょう。もしくは、minneなどで活躍するハンドメイド作家さんは、英語やフランス語、響きのいい日本語を選んで、すごくかわいい名前にしたりするでしょう。

お店で買い物をして領収証を発行してもらうとき、自分の口に出して屋号を伝えるのは、なかなか勇気がいることです。

ましてや英語やフランス語などの外国語を使っていると、領収証を書く側は「はあ????」となってしまい、筆が進みません。

こっちもこっちで、「アルファベット小文字でc、u、t、eです、あ、tですよdじゃなくて‥」とかいちいち説明していたら疲れます。

1枚の領収証のあて名書きに何分かかるんねん、と説明するこっちも、書くお店の人もイライラしてしまいます。

そこに名刺があれば「はい、あて名はここに書いてる”cute shop”で」と提示すれば、一瞬。スムーズ。実に簡単、時間もかからない。

 

 

最後にもう一度言います。

個人事業主の皆様。

名刺を作りましょう。

領収証の発行が1分で済みます。