読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピカブロ

毎日の暮らしの中で、役に立ったことや忘れたくないこと。

家の常備茶〜2017年1月

f:id:eripicasso:20170120175016j:plain

我が家では、常に水出しのお茶を冷蔵庫にストックしています。

1リットルのボトル2本分。

1年以上、ルイボスティーの水出しを飲んでいました。

しかし2016年の12月から、緑茶にしました。

 

ボトルは、我が家は無印良品の耐熱ガラスボトルです。

大人が暮らしてるのでガラスボトルで問題ない。

お子さんが家にいる場合は、危ないかもしれません。ガラスなので。

子供が生まれたら使えないかなぁ。

ガラスのボトルは、ボトル内が綺麗にキュキュッと洗える気がして、好きです。

 

この辺のボトルも便利そう。

 

 

なぜルイボスティーから緑茶に変えたの?

 

理由は2つ。

緑茶の茶葉が大容量で、お買い得だったこと。

家に、使われないままのお茶用ティーバッグがあったのを、消費したかったから。

 

 

 

あえて言うならば理由はもう1つあります。

我が家が購入した日本茶は、掛川茶という、静岡のお茶

 

九州で生まれ育ち、東京で生活し、神奈川と埼玉で暮らしたわたしには、日本の中部地方は未知の場所。

緑茶と言えば八女茶でしょ!

(福岡の緑茶の名産地)

 

ですがもちろん知っています。

静岡県は、緑茶が有名。

行ったこともない静岡県の名産地が緑茶であることを知っているのは、幼い頃に見ていた「ちびまる子ちゃん」の影響が大きいです。

 

 

 

 

そんなわけで、スーパーで掛川茶を見かけて興味を持ったわたしは、「水出し用のルイボスティー、なくなりかけてたよね」という理由で、掛川茶を購入しました。

 

 

緑茶の水出しは美味しい

 

角が取れて、まるくなる。

丸い味わいです。

 

ルイボスティーも、緑茶も、コーヒーも、

水出しの飲み物全般に言えることです。

 

丸い味わいって、どんな味?

えぐみが出てない味わいです。

茶葉に熱の力がかかっていないからか、茶葉の奥からエキスが出て、えぐみが出て、というお湯で抽出した時の味はありません。

 

ティーバッグの作り方

 

わたしの好みは、濃いのが好き。

えぐみは嫌いですが、濃いめの味が好き。

 

1枚のティーバッグに、大きなスプーン4杯分の茶葉を入れてます。

3時間もすれば飲みます。

色は黄色〜緑の色合い。

味は、3時間じゃ、まだまだ薄いかな?

わたしは5時間から10時間くらい浸してしっかり味を出すのが好きです。

しかしあまりにも喉が渇いているときは、3時間も浸したら、飲みます。

 

 

ルイボスティーも美味しいですが、

緑茶も美味しい。

冬の方が空気が乾燥して、喉がイガイガするときもありますよね。

水分摂取して、残りの冬の期間、風邪をひかずに元気に過ごしたいです!