読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピカブロ

毎日の暮らしの中で、役に立ったことや忘れたくないこと。

お湯が出ない!ガスコンロはつく!そんなときの対処法は?

今週末は大寒波に見舞われるようです。

 

そんなニュースを横目に、「天気予報は雪マークじゃないし、埼玉は大丈夫」と余裕ぶっこいていました。

 

そんな我が家を襲った災難をお伝えします。

 

1.お湯が出ない

2.ガスコンロは使える

3.水は出る、電気はつく

4.ガス会社のフリーダイヤルに繋がらない

 

我が家の状況は、この4点でした。

 

 

 

 

すやすやと眠っていた朝の6時、

同居人に叩き起こされました。

「水が出るけどお湯が出ない!!」

 

まず疑ったのは、料金の滞納。

しかし我が家は、「こんなところに振込用紙が!」「はよ振り込まんと!」とすぐに振り込む、優良住人です。

電気ガス水道インターネット回線、全部きちんと支払っています。

 

この状況は、なんなのか?!すぐにインターネットで検索しました。

 

お湯が出ない ガスコンロはつく、ガスコンロは使える、水は出る、お湯だけ出ない。

水道というよりお湯に問題があるようです。

インターネットで検索!

 

そして出てきたのは

1.震度5以上の地震などでガスメーターが止まってしまった

2.ガスメーターが凍結してしまった

3.水道管が凍結してしまった

 

このどれかが理由だろうということがわかりました。

 

 

結論。

 

お湯を通す水道管が低温で凍結していたようです。

6時から格闘すること3時間半、9時台にお湯が出ました。

感動。

 

お湯が出ないなんて、東日本大地震以来。

 

東日本大地震、つらかったです。

あれ以来、自分の中の価値観やライフラインに対する考え方が変わっていました。

なので今回も、油断は禁物と、甘く見ずに対応しました。

 

 

ガス会社に電話が繋がらず。

我が家は賃貸なので、不動産会社に電話しましたが朝の6時から7時に電話に出るなんて、ありえませんよね。

地域のガス会社(自分のガス会社ではない)に電話してみましたが、「うちのガスではないですよね」と相手にしてもらえませんでした。

 

凍結の場合、どうすればいいのか?

自然に溶けるのを待つのか?

夜にまた凍るのか?

家族全員朝から仕事に出て夜に帰ってきた場合(凍結した水道管が溶ける時間に家にいない場合)は、どうすればいいのか?

凍結以外の理由は考えられないのか?

 

悶々と過ごしていたところ、8時台にガス会社の電話に繋がりました。

 

 

お湯用の水道管が凍結した場合の対処法として学んだことは?

 

1.溶けるのを待つ

2.再び凍らないようにするためには、お湯の蛇口をずっとひねって止めず、お湯を出し続ける。

3.水道管が凍らないようにお湯を出し続ける場合の水道代とガス代は個人負担

 

以上3点です。

出来ることが少なすぎますね(笑)

 

他に、やってみたことといえば?

外に出てガスメーターを見てみましたが、確かに霜がついて冷たくなって、凍っているように見えました。

しかしキッチンのガスコンロが使えているので、ガスメーターの異常ではないと考えていいはず。

水道の、水は出るということは、お湯が通る水道管に問題があるのは明らか。

しかし、なぜお湯を通す水道管だけが凍るのか?そこが明らかではありません。これがわからないと、2の対処法しか取れず、水道代とガス代がかさみますよね。

また、マイナス何度ななったら水道管が凍るのか?これも不明です。

これを知っていれば、前日の夜から対応できたのに。無知ってこわい。

これは追ってガス会社に問い合わせようと思います。

 

 

とりあえず今夜は、2の対処法を取ります。

湯船を綺麗に洗って、お湯を張ります。

 

お湯をためても夜のうちに寒くて水になるし、翌朝洗濯で使うくらいしか考えられないのですごく勿体無い気がします。

しかし。

朝シャワーを浴びたい家族がいるので朝からお湯が使えないと困りますので、仕方がないです。

 

 

 

金曜日にまた寒波が来るようなので、気をつけなくては!!

 

振り返れば、田舎ならではの事件です。

都心部に住んでいた時や、これまでの人生では、積雪で交通機関が麻痺することはあっても水道管が凍結したことはありませんでした。

 

今回は、積雪はないけれど、外の気温が低温すぎて水道管が凍る。

寒波など、普段と違う天気の時は、こういうことも起きるのだなぁと勉強になりました!